ドクター

色々な手術法

鼻と口

自分の顔に合った方法を

鼻の形に悩みコンプレックスがあり、整形を考えたことがある人も多いのではないでしょうか。ひと昔前の整形というと、大きなL字型のシリコンプロテーゼを挿入するという大掛かりなもので、値段も20万から30万以上と高額でした。最近では、一時的に変身出来るヒアルロン酸注入や、溶ける糸を束にして挿入し、高さを出すプチ整形など、ダウンタイムが少なく値段も手ごろな選択肢が増えています。昔は欧米人のような高くて長い鼻に整形したいという人が多かったですが、今は手頃な値段と自然な仕上がりを求める消費社ニーズが高まっています。そのことから、クリニックも独自の方法を考案したり、韓国などの最新治療の研修を受けたりと、新しい技術を身に着ける事に熱心です。溶ける糸を入れる治療は、鼻先や細かい部分利用も可能でヒアルロン酸などのフィラーなどよぢも長期間形を保つことが出来るのがメリットです。プロテーゼのように切開するわけではないのでダウンタイムも短めです。ヒアルロン酸を入れても分厚い皮膚に押しつぶされ広がってしまい、鼻先をツンと高くするのは難しいですが、この手法であれば糸という固形物を入れるため可能になります。値段は、修正箇所や糸の本数によりますが、ヒアルロン酸注入よりも高額で10万円から25万円が相場です。持続期間は個人差によりますが1年程度です。糸が溶けてなくなっても、皮膜ができるためしばらくは効果が持続します。ヒアルロン酸も使用するフィラーによって価格差がありますが、輪郭形成に向いている、固めのヒアルロン酸であるパーレーンやクレヴィエルを入れた場合6万から8万程度となっています。ヒアルロン酸注入の効果は半年から1年と言われています。これらのプチ整形は気軽にできる反面、効果が持続しないため長い目で見ると高額な費用が掛かってしまいます。ある程度好みの形を把握した後はプロテーゼ挿入を考えるのも一案でしょう。古典的な方法ですが、長年安定性があり、すんなり入れ替えることができるという点では何よりも優れた素材かもしれません。人工物を半永久的に入れたくない、という方には耳介軟骨を使う方法もありますが、年月によって摩耗変形する可能性があるという欠点もあるようなのでメリットデメリットを見極めましょう。高さを出す整形以外にも、丸い鼻先を削って整える鼻尖縮小術、鼻の穴を小さくする鼻翼縮小術など、様々な審美的視点からのアプローチがあります。大きすぎる部分の軟骨を削る手術もあります。このような手術は切開することになるいわゆる外科手術ですので、ダウンタイムも長めです。価格も20万以上と、それなりに高額になりますが、組み合わせることで割引をしてくれるクリニックもあるようなのでカウンセリングで聞いてみるのもよいでしょう。鼻は顔の中心にあり、美しさの黄金比には欠かせない要素であるため、整形したときの効果、インパクトは大きいです。逆に言えば気に入らなかったときの精神的ダメージも大きいため、しっかりと自分の顔と向き合って、どのように直せばより美しくなれるか、という事を把握して施術内容を決めましょう。